About us私たちのこだわり

奈技工房の歴史

History奈技工房の歴史

物が無く極限られた家庭にしかソファーが無かった昭和30年代。現在のように便利な道具や材料などは無く、全てが職人の技術一つで仕上がりが変わったそんな時代にはじまり、ソファー製造の技術を学び築き上げてきた奈技工房。それからもう60年近く時代が進み、使われる材料、デザインが時代ごとに進化し続ける中『職人とは今の自分に満足する事無く、日々新しい事を考え、これで良いという終わりがない』というこだわりを持ち続け、技術を次の世代に伝承する事に日々努めています。

Quality品質へのこだわり
1-1.フレーム制作

①『木材加工』
熟練した職人の目よって木目や木の反りやねじれなどを 見極め木取りをします。 木の見極めはソファーの強度や耐久性に大きく影響しますので 経験を積んだ職人による極めて重要な作業になります。 木取りをした木材を型に合わせて加工していきます。

ソファーのフレーム
1-2.フレーム制作

②『組み立て』
型に合わせて加工した部材をフレームのねじれや隙間がないように丁寧に部材を組み立てていきます。奈技工房のフレームには強度と耐久性を考慮し接着面には木ダボやホゾで繋げ、木工ボンドをしっかり塗り木ネジとタッカーで固定しています。

ソファーのバネ吊り
1-3.フレーム制作

③『フレーム完成』
熟練した職人によって厳選された木材選びから細部の加工に至るまで一切妥協せず、お客様の目には見えないところだからこそ手を抜く事無く、親から子の代まで受け継いで頂けるよう、また安心して張替えもして頂けるように最高のフレームをお作りしています。

ソファーのフレーム制作
2.下地造り(単バネ吊り)

奈技工房のソファーには現在のソファーでは少ない単バネを使用しています。 単バネは職人の手によって一つひとつ均等にバネ紐で吊っていく為、 本物の職人の技術を受け継ぎ経験を積んだ熟練の職人にしかできない技法です。 単バネを均等に吊る事で、座られるお客様一人ひとりの体に合わせてバネが沈み体を支えるので 座り心地もよく耐久性にも優れています。

ソファーの下地造り
3.下張り

下地となるバネの上に通気性がよく耐久性にも優れたヘッシャン(麻生地)で下張りをします。ソファーを永く座って頂くには、下地作りと下張りは家で言う基礎と同じでソファーの土台として一番重要な所です。

ソファーの下張り
4.クッション造り

長時間座られても疲れにくく、また耐久性にもこだわりソファーの形状などを考慮し奈技工房では何種類(高反発、低反発など)もあるウレタンの中からそれぞれのウレタンの特徴を生かしソファーに合った組み合わせ方や細部にまでこだわった加工をしたウレタンを張り合わせ、表面はソフトなクッション性ですが、中はしっかりと体を支えてくれる最高の座り心地をお造りしています。

ソファーのクッション造り
5.裁断

型紙に合わせて、布や革を裁断していきます。布の種類や革の種類によって伸びやすい物や伸びない物など様々な特徴やくせ、または柄物などもございます。柄物の張地は柄を合わせながら裁断し、張地によっては同じ型紙で同じように裁断しても張地が余ってしわが出てしまうなどして綺麗に仕上がりません。一言で裁断と言いましても、裁断に使う鉛筆の線一本分でも仕上がりに大きく左右されます。張地の特徴やくせを見極めながら裁断していく事は職人の技術と経験がとても必要になる作業です。

ソファーの裁断
6.縫製

裁断された張地をソファーの形に合わせて縫製していきます。裁断と同様に柄物の張地は柄を合わせ、伸びやすい物や伸びにくい張地の特徴やくせなどを見極め細かな手加減をしながら縫製していきます。奈技工房では、縫製での飾りに使用するステッチをシングルステッチ、ダブルステッチ、国内メーカーではほとんど類を見ない最新の技術を取り入れた特殊なステッチを施しております。

ソファーの縫製
7.張り込み

最後はソファーの仕上げ、張地の張り込みです。裁断、縫製と同様に張地の特徴やくせ、または柄物の場合は柄を合わせながら張り込んでいきます。張地の引っ張る力加減や方向など繊細な技術と経験が求められ、様々なデザインのソファーの形に合わせて細部まで丁寧に張り上げていきます。特に職人の技術が問われるボタン締め絞り(ひとつひとつ手作業で丁寧に張地をダイヤの形にボタンで締めて張り上げる技法)は奈技工房が代々受け継いできた得意とする張り方の一つです。通常ならボタンで張地を締めることによって硬くなる座り心地を奈技工房では、ソファーの座り心地を損ねることなく張り上げていきます。

ソファーの張り込み
8.完成

ソファーの完成
部分
奈技工房のソファーの張替え

Tool道具へのこだわり

奈技工房ではソファー造りの技術にこだわり、品質にこだわりを持つことは勿論のこと、日々ソファーを製造しております。そしてこのこだわりを実現する為には、道具へのこだわりも欠かせません。新しい物に挑戦するには新しい道具が必要です。例えば厚革は通常の動力ミシンでは縫えないのでコンピュータミシンや厚物用ミシンを導入し、厚革を使用した重厚感溢れるソファーも製作させて頂いています。又従来では考えられなかったような特殊なステッチをかける事が出来るドイツのADLER製ミシンを国内のソファーメーカーではいち早く取り入れ、ソファーのデザインの幅を広げています。このミシンを使ってステッチを施したソファーやクッションがお客様からとてもご好評いただき話題を呼んでおります。

Craftsman職人のご紹介

小谷 清二
役職 / 常務取締役
市岡 満
役職 / 木工マネージャー
田島 弘章
担当 / チーフマネージャー
青木 佑介
担当 / 裁断チーフ
森 千聡
担当 / 型出し・縫製チーフ
塩崎 祐樹
担当 / 木工
藤原 朱音
担当 / 裁断・縫製
長澤 雅子
担当 / 張り
×閉じる
×閉じる
×閉じる
×閉じる
×閉じる
×閉じる
×閉じる
×閉じる
×閉じる

Contactお問い合わせ

ご質問、ご相談などがございましたらお問い合わせください。

和モダンソファーブランドuen